2016年02月14日

『足を救おう!』今年も開催!!

 毎年2月はスケジュールがタイトな感じです(いや、年中いつもですけど・・・)。でも、どれも大好物👣なことばかり。
2月の第1週目は職場に関連した札幌市保健所の講師アシスタント。昼間のお仕事もちゃんとしていますから(笑)その週末に「日本フットケア学会」でした。
フットケア学会神戸.jpg
ホテルの30階だったっけ・・・?エレベーターで上がるときに何度もごっくんしました。
神戸の景色.JPG
景色も超きれいっ❤
当然ですけど、雪がないの⛄
ランチも美味しゅうございました🍴
神戸牛.JPG
デザート.JPG
 担当させていただいたセッションは看護から、リハビリまで幅広く・・・お勉強していきましたが、なかなか難しかったです。でも、今回はリハビリの発表がさらに増えた気がしました。重症下肢虚血で、免荷のために安静が長いと筋力低下をきたします。そこに着目した、リハビリの関わりってすごいなぁ〜と思いました。せっかく良い治療を受けても、筋力低下で歩けない、もしくは転倒しちゃったなんて悲劇は避けたいものです。この度もとても勉強になりました👣

 そして、フットケア学会のあとは下肢救済足病学会北海道地方会が主催する『足を救おう!』市民医療講演会でした。昨年も、講師として参加させていただきました👣
IMG_4769.JPG

第1部は、透析、形成外科、循環器科の著名なドクターたちのおはなしです。私自身も毎度、興味深く、メモをとりながら聴講させていただきました。
IMG_4796.JPG

第2部として、私は「家庭でできるフットケア」というテーマで身近にあるグッズを用いて、日常的にフットケアを取り入れていただけるような内容と靴についてのおはなしをさせていただきました。
2016フットの日@.jpg
皆さん、真剣な表情で聴いてくださっておりました。会場には、いつもお世話になってるシューフィッターさんやセラピストの先生、私がケアをさせていただいたMくん、足モデルさんなどなど。安心の顔ぶれも多く心強かったです✨

第3部は、ディスカッションと質疑応答です。
IMG_4841.JPG
お雛さまみたく並んでおります🎵

 昨年から開催された、こちらの会は雪まつり時期と重なっており、足元も悪い中、多くの市民の方々が参加されております。今年は車椅子で参加されている方もおられました。ありがたいことです。
私も札幌市内に限らず、道内各地・道外にいくことも増えてきました。そのたびに感じるのは「足のことちゃんと知りたいけど、知る機会・場がない」ということです。
誰にきいて良いのか?病院にいくべきか?何科に受診すべきか?すごく悩んだあげく受診すると「どうして、もっと早く受診しなかったの?」と言われてしまいます。地域で生活する方々と医療機関の間って、実は以外に温度差があって遠かったりするのだと思います。
医療機関にお勤めしていると「異常」とわかることでも、一般の方々には全くわからないことも多々あります。なぜなら「足のことちゃんと知りたいけど、知る機会・場がない」からです。誰しも「異常」の場合には、早く受診しなくちゃ!と思います。しかし、それが「異常」なのか?誰にきいて良いか?何かに受診すべきか?相談する場も少ないのが現実だと思います。
 では、大事な足を救うためにどうするか?ご自分の足で歩き続けるためには一般の方々にも足のことを知っていただく機会がもっともっと必要なのだと思います。そのためには今回のような「市民医療講演会」が大切なのだと思います。
医療講演会に限らず、各地で小さな規模でも足に関する勉強会が増えることも救肢につながる活動だと思います。講演会で学んだことをシェアする場が増えたらいいなと思います。靴屋さんや医療機関・介護施設などで開催されるイベントの一角に「足に関するブース」があれば知る機会となります。
あまり難しく考えず、まず、やってみることが第1歩かと思います。

 フットケア学会で、和歌山県のIさんにお会いしました。FBのつながりです。私が1回/月、靴屋さんで開催しておりますミニ勉強会のスライドの一部をお見せしました。「あんまり難しいことやっていませんよ〜」なんて言いながら。Iさんもスライドを見て、いろいろ感じていただけたようです。そして、Iさんから元気をもらい、ますますがんばろうという気持ちになりました。足に関わる方々は、とても真面目で熱心な方が多いです。職種がどうこうではなく「救肢」「立つ・歩く」ためには、自分がどう行動すべきか?何ができるのか?考え、行動するのです。すごい集団です・・・すごい鼻息すら感じますヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ

「足を救おう!」の閉会時に大浦先生が「今日、学んだことをいろんな人に伝えてあげて下さい」とおっしゃっておりました。ごもっともでございます👣
大浦先生、ちょ〜かっこいい〜です❤
IMG_4882.JPG

いつまでもご自分の足で「立つ・歩く」ためには、日常的なケアの継続と異常の早期発見が重要です。異常を早期に発見するためには、足に関する啓蒙活動がもっともっと必要です。どのような職種からでも発信できることだと思いますので、まずは勇気をもって自分にできる一歩を踏み出してみていただきたいと思います。
 そして、大切な足を守れる人が増えますように・・・
posted by ぴよNs at 23:45| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

平成28年度スタート!第23回札幌フットケアサークル開催です

 平成28年度も札幌フットケアサークルスタートいたしました!!
タイムスケジュール.jpg
いつもどおり、アイスブレーキングです。
今年は申年。自己紹介もしていただき自己紹介のあとに「うきっ!」とサル顔をしてくださいというお題でした。なかなか、パンチの効いたサル顔が見受けられました(笑)
アイスブレーキング.jpg
今回は各施設の「フットケア活動」についてのご紹介です。フットケア活動の発表は、私の同級生でありますNちゃんで皮膚排泄認定看護師さんです。看護学校に入学したときに隣りの席でした。当時では想像もつきませんでいしたが素晴らしい看護師長さんでございます😃
フットケア外来がなくても院内でフットケアチームとして、各科のDrやNsを含めたチームの活動のご紹介でした。フットケアチームとしての院内活動紹介は他施設にとって学びの多いものになったと思います。
スライド1.jpg
「救肢」「立つ・歩くこと」に対する熱い思いが伝わってきました。

 私自身も地域でミニ勉強会を開催させていただいておりますので「フットケア活動」としてご紹介させていただきました。一般の方への勉強会は異常の早期発見・対処、誰(どこ)にきいてよいかわからない足に関する疑問を解消することにあります。また、一般の方々が投げかけてくれる質問は医療者では発想できないような内容も多く、私自身がお客さまに磨いてもらっている場でもあります。

「フットケア外来」がなくても、フットケアはちゃんとできます。
自分の今ある立場や環境を踏まえた上で「どんなことならできるか?」考えてみることが大事と思います。
まずは、一歩をふみだすこと👣と思います。必ず共感してくれる仲間はいますっ。

 後半は、事例検討でした。
「地域で暮らす高齢者のフットケア」をテーマに話し合いました。このたびは、循環器Dr、シューフィッターさん、靴製造販売、地域の看護師さん、訪問看護師さんなどなど多くの職種で学びを深めることができました。
全くの意図しない司会進行の森山さんのむちゃぶりで寸劇をすることとなってしまい・・・
しかも、それを動画で写しちゃう方までいて・・・
なんだかんだとオプション付きで、多くの学びと多職種との交流をもつことができたと思います。
最後に徳武産業の「ありがとうを伝えたくて」のDVDを参加者みんなで視聴しました。
スライド2.jpg
何度みても、深く「立つ・歩く」を考えさせてくれるDVDです。DVDをみると感動だけでなく、あたたかく前向きな気持ちになります。魔法のDVDでしょう✌
徳武産業に感謝感謝です💕

 フットケアサークルのあとは毎年恒例の「新年会」こちらも過去最高の参加者で感謝です。
本当に楽しく、参加してくださった皆さんに元気をもらいました。ありがとうございます❤
本年度も参加してくださった皆さんの声を集めて、活動を継続していきたいと思います。そして、ここ数年実施していなかったのですが、地方開催もしていきたいと思います。
大切な足を守れる人がますます増えますよ〜に👣


posted by ぴよNs at 01:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

シンデレラの靴は九州にありましたっ!!

 今年の2大イベントの「青森講演」、そして「日本フットケア学会久留米セミナー」お楽しみが終わっちゃいました。札幌から遠い九州ですが、熱い足仲間が多くいる素敵な土地です。九州へ行くことを目標に貯金しました数年間・・・
 やっと念願が叶い、九州へ✈
新千歳空港から福岡.jpg
なんともありがたいことに素晴らしいお役目もいただきました🎵
久留米セミナー1.jpg

久留米セミナーコメンテーター.jpg

 せっかくの九州ですから、知人に会いに行ったり
福岡中洲.JPG
ずっと行きたかった靴屋さんに行ったり・・・
あっと言う間に過ぎてしまいましたが、どれもこれも、自分にとってはかけがえのない大切な出会いと学びと経験でした。

 久留米セミナーの構成は素晴らしく、体が2~3個ほしいくらい聴きたい・観たいみどころ満載でした。
フットケアを学ぶにあたり、主役は誰なのか?歩くことの重要性や、そのためにはどのような知識を一般の方々に知っていただくか、その機会をどのように作るのか、すご〜く多くのことを学びました。
医療現場では、やはり「フットケア」に対する理解の温度差があることやあまり知られてはいませんが、セラピストさんたちの知識と技術を知る機会にもなったと思います。セラピストさんたちは、当然、医療者ではありません。だからこそ、医療に関わるような知識を一生懸命に学び、安全なケアが提供できるよう半端ない努力をしておられます。安心して委ねられるサロンがちゃんとあるんです👣

 今回のセミナーでは、多くの職種の方々と接し学ぶことが多くありました。あたたかくて、ほっこり♥するようなそんな時間を多くの方々と共にできたことは大きな財産となりました。出会った皆さま、本当にありがとうございました。

 さて、ずっと行きたかった靴屋さん。シューズクラトミさん。
シューズクラトミ4.jpg
お店の中には、ワクワクするものがたくさんありました✨
シューズクラトミ3.JPG
もっとも興味深く、そして、インソールの重要性を再確認させてくれたものがこちら!
シューズクラトミ2.jpg

シューズクラトミ1.jpg

 足の加重の割合が画面にでてきます。もちろん、足裏のアーチもわかります。体の重心もわかっちゃうの🎶
なに感激したって・・・
加重の割合が良いと褒められました♥
開帳足がすご〜く改善していてびっくり\(◎o◎)/!←これは、私のインソールを作ってくれている札幌の靴屋さん「ウォーカーズ」松橋さん(シューっフィッター)さんのおかげ!!
体の重心もブレが少ない✨って。
 札幌でインソールを作ってもらい、職場で使用しつづけ数年間・・・すごいね〜。インソールって( ;∀;)

 お店には、ドイツだけでなく海外の靴もたくさんあります。やはり、おしゃれ❤イカしてますっ( ・∀・)
私は、学会やセミナーでスーツを着用する場合と移動中の靴を履き分けて持参しています。空港の中って、けっこう歩きますし。スーツ用のヒール(5cm以下ですが)は疲れちゃいます。なので、履く時間を可能な限り短くしています・・・というおはなしを店長さんにさせていただきましたところ、何足か靴をご紹介してくれました。長く履いても疲れない、足が痛くならない靴が理想ですよね・・・なんて。
ぶっちゃけ、そんなヒールはあるわけないと思いこんでる節がありました。正直な気持ちです。
でも、超びっくりですがありました✨
見た目は先が細くみえて足趾が圧迫されそう・・・。そして、かかと周りが靴にフィットせずカポカポ脱げちゃう私の足の特徴を考慮し1足の靴が登場しました。

試足して、歩いてみて・・・
靴で(まして、ヒールで)感動するんだ💓
足先、細くみえるけど足趾を動かす余裕がありかかとがしっかりホールドされて安定しております。

そう!まさにシンデレラの靴は九州にありましたのよっっ(^▽^)
もちろん、買っちゃいました😃
荷物が多い道中の私だったので、自宅へ郵送していただきました。
シンデレラの靴.jpg

「靴って、出会いです💕」

こちら、シューズクラトミさんは当然、足フェチが多く訪れております。
このたび、久留米セミナーでのファッションショーもこちらのお店で靴を購入した方々がモデルで登場しておりました。これも、また、素敵な企画でした👠
久留米セミナーファッションショー.jpg

多くの学びと新たな出会い、そして、折れない心を持ちつづけようっ!そう決心した旅でした。
久留米ってさ、松田聖子や藤井フミヤが出身だけどさ・・・
やっぱ、1番の有名人は石橋理津子よね〜〜〜っ👣と思いました(笑)組長と言われるべきタマです。

久留米のゆるキャラ「くるっぱ」
くるっぱ.jpg
また、必ず会いにいくからね✈


posted by ぴよNs at 11:15| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする