2017年08月13日

第29回 札幌フットケアサークル

 大変ご無沙汰のblogです。
blogを更新していない間に5月「日本下肢救済足病学会」で福岡へ。翌週には名古屋と豊橋で、それぞれ講演会とミニ勉強会(ランチ🐑つき)に行ってまいりました(#^.^#)

 福岡では、王子様の勤務する病院でフットケア外来を見学させていただきました。名古屋では、小倉トーストデビュー。台湾ラーメンも美味しゅうございました。名古屋、良いとこです大好きな方々とのお食事会も大変美味しゅうございました。

 そんなこんなで、過ぎてきました数か月・・・
8/6(日) 第29回 札幌フットアサークルを開催致しました。会場は、いつものJohnson&Johnsonさんの会議室。
IMG_6817.JPG
毎度、思いますが素敵なロケーションでございます⤴

血糖測定器のご紹介もありました。
IMG_6816.JPG
こちら、是非お試しを。痛くないのです。まずは、医療者が体験してみて下さいまし(`・ω・´)b

今回は、皆さんからのリクエストが多かった「歩行」について。理学療法士の殿方に講義をしていただきました。歩行の基本と「フットケア」とのコラボで安定した歩行に繋がった80歳代女子の事例を紹介していただきました。
IMG_6813.JPG
IMG_6814.JPG
事例に登場した女子、私も介入しておりました。巻き爪のケアをすることで「ふんばっても(第1趾)痛くない」と歩行が劇的に変化した感動のノンフィクション💕

 「フットケア」とは、やはり多職種との連携が重要になるということをこの度も実感致しました。
看護師だけでなく、より多くの職種が足に興味を持ち、フットケアの必要性を理解することが大切な方の足を護ることにつながるわけです。

 後半は、5月末に開催されました「日本下肢救済足病学会」での演題と私が発表させていただきました札幌フットケアサークルの取組み(多職種連携のシンポジウム)についての報告でした。参加できなかった札幌フットケアサークルの仲間へのご報告かねての発表でした。

 遠い福岡でしたが、実は札幌フットケアサークルの仲間たちの発表も多く。Awayとは思えない身内(笑)の多さでした。すでに新千歳空港から知った顔ぶれの多さに笑えました。

 北海道で頑張っている、皆さんの発表を全国学会で聴き感激もひとしおでした。
たった、7名でスタートした札幌フットケアサークルも現在までで、延べ約550名の参加者となりました。

 今回は、東京からも1名が参加👣
彼女は、つい最近まで北海道におられました。ご主人の転勤で北海道を離れましたが、この度、夏休みを利用して札幌フットケアサークルに参加してくれました。
彼女が参加しはじめたころは、フットケアへの理解が少ない環境の中でめげずに頑張り、仲間を増やし、そして、素晴らしい「フットケアチーム」が彼女の職場に立ちあがりました。そして、現在、彼女は東京で、札幌フットケアサークルスピリットの種をまきに行っております。

 今後とも、また、多くの方々と共に学び大切な方の「立つ・歩く」を護っていきたいと思います。
さて、10月は記念すべき「第30回 札幌フットケアサークル in 帯広」です!!今年の地方会はスイーツ王国「帯広」です。温泉♨もあるし!!

 では、また、皆さまとお会いできるのを楽しみにしております👣
posted by ぴよNs at 10:20| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
身近でフットケアの講習がやっていることを初めてしりました。今度の機械に参加してみたいと思います。
Posted by 楠 裕美 at 2017年08月13日 21:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: