2015年11月03日

青森にて。

 今年2度目の青森です。
新千歳から青森へ.jpg
前回もお声かけいただきました素敵な殿方と姫君のおかげで、大好きな青森に再上陸です。
飛行機からの雲.jpg
台風の影響で、飛行機が飛ぶだろうか・・・と心配しておりましたが、負け知らずのてるてる坊主に救われました。
てるてる2.jpg

てるてる1.jpg

 フットケアの基本となる部分と「靴」特にインソールについてお話しさせていただきました。
連休前日にも関わらず多くの方に参加していただき感謝です✨

看護師という職種でありますが(社)足と靴のフットケア協会 フットアドバイザー👣でもありますので、看護師(医療)とは少し違う角度で靴・インソールについてお伝えさせていただきました。

 フットケアに関して学ぶ場は、年々、増えてきております。私がフットケアを学びはじめた頃には地元で学ぶ場がなく、横浜や東京まで学びに行っておりました。もちろん、主に「ケア」の部分です。
ケアの部分は、より多くのことを学びやすい環境が整ってきました。しかし、良い「ケア」を提供しても良い状態を維持するためには日常的に継続可能なフットケアと毎日履く「靴」がとても重要です。
フットケア外来でも義肢装具士さんやシューフィッターさんをご紹介してくれるところも増えてきましたし、外来日に合せて義肢装具士さんが来てくれる施設もあります。
 
 フットケア外来に関わる医師や看護師が「インソール(もしくは靴)を作ったほうがいいですよ」とアドバイスをします。患者さんは、ふむふむ・・・とインソール(もしくは靴。以下、インソール)を作りにいきます。決して、お安くない金額でインソールが出来上がりました!
大きな期待と大きな経済的負担を背負い患者さんがインソールを使用します。
「おや?なんだか、痛い・足に合わない気がする・・・」こんなことが起こる可能性があります。
患者さんの中には「話しが違うっ💢」とご立腹される方もいるかもしれません。インソールをおススメした医師や看護師も患者さんに言われてしまえば立場がありません。でも義肢装具士さんやシューフィッターさんが悪いわけではないのです。
フットケアに関わる医師・看護師であれば是非ご理解していだきたいことです。『インソールをいれた瞬間、全てが改善される魔法の靴になるわけではない』ということです。患者さんは、当然、足に何らかのトラブルを抱えています。それを改善するためにインソールを作成します。「足👣」って、とても繊細ですから、用心深くインソールの感触を確認していきます。今まで10割の力で踏み込んでいたところを恐る恐る2割〜4割と力を踏み込んでいきます。その過程を考えると今まで、力を入れていなかった部分に違和感を感じたりするわけです。少しずつ、元通りの力で踏み込めるようになるまでには微調整が必要になるということです。繊細な足が少しずつ回復にむかう過程で微調整を重ねてこそ、インソールをいれた靴が『魔法の靴』になるのです。

 私自身もインソールを作成した当初の数日間は痛みで不安になるほどでした。シューフィッターさんに何度も連絡をしたくらいです。しかし、少しずつ痛みがなくなり足の疲れがとれてむくみにくくなりました。インソールのない靴を履くことが不自然に感じるようになりました。
本当に「足👣」って繊細なんです。
医療者が正しい知識を持ち、地域の義肢装具士さんやシューフィッターさんと連携を蜜にすることが大切な足を守ることにつながるのだと思います。
まだまだ、課題はありますが多くの職種が、その強みを活かして関わることが大切な足を守ることにつながるのだと思います。加えて足にあった靴を選ぶこと、正しい靴の履き方を理解し実践することが重要です。

青森講演の翌日は「プチ遠足」です⤴
ねぶたと足.jpg

ミュージアム.jpg
ねぶたのミュージアムに行きましたが・・・
目に入るのは「足👣」ばかり(笑)
ねぶた足1.jpg

ねぶた足2.jpg

ねぶた足3.jpg

大好きな青森にまた行きたいと思いま〜すっ♥
posted by ぴよNs at 10:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: