2015年05月07日

フットケア継続に向けて

 すっかり遅くなりましたが・・・
4月に第21回 札幌フットケアサークルを開催致しました。このたびは、フットケア外来を中心にということでフットケアに携わる医療者中心の内容でした足
 今回も某メーカーさんのご協力で、素晴らしいロケーションの会場で開催することができました。超感謝でございます。このたびは、Drの参加もありグッド(上向き矢印)(当サークルとしては、2名めのDr参加でございますわーい(嬉しい顔)
遠方は帯広、富良野、旭川、千歳・・・毎度、皆さん、本当にありがとうございますかわいい
会場.jpg
 内容は、施設のフットケア外来の紹介と実際の症例、フットケアチームとしての取組みなどについてもご紹介いただきました。現在、フットケア外来に携わっている方、これから、立ち上げる方にとっても参考となる内容が多かったと思います。
スライド2.jpg

 スライド1.jpg

「札幌フットケアサークル」を立ち上げた時には想像もできなかったくらいの成熟度ぴかぴか(新しい)と思い感激でございました。
数年前、フットケア外来をこれから立ち上げる!といっていた施設から参加して下さっていた看護師さんも今回は実践を発表していただきました。フットケア外来がスタートした頃、車いすで来られていた患者さん(歩くことは無理だろう・・・と当時は考えられていた)が歩いて診察室に入ってこられて涙が出そうになりました・・・と発表していただきましたが、主催する私どもとしては、彼女の姿に感激して泣きそうになりました。本当にご立派になられ、素晴らしいフットケアチームを作り上げております。
こちらの施設には、私も数年前に呼んでいただきまして。そんなこんなで、超嬉しいわけですグッド(上向き矢印)
今回は、フットケア外来だけではなく「在宅」におけるケアも念頭に訪問看護師さんから、フットケアだけではなくケアに携わるスピリット的な部分もお話ししていただきました。当サークルがスタート当初から大切にしている部分でもあります。
フットケアが正しく、安全にできること、それは当然「MUST」であります。しかし、フットケアは対象の方に触れて・感じるものでもあります。対象の方にどのような歴史があって、今があるのか。今後、立つ・歩くを維持することがその方にとって、どれほど大きな意味を持つものかも考慮して行うべきと思います。
あくまでも、心を持つ対「人」ですから揺れるハート

 後半は、症例を提示していただきグループワークも行いました。
これも、またまた、滞りなく活発に盛り上がりすすんでおりました。本当にすごいなぁ・・・とわーい(嬉しい顔)

ますます、私自身の出番は不要で裏方一筋で行こうかと思います(笑)

って、ことで、おやつの紹介を。
今回のおやつは、柳月の「どらパンケ」です。
どらパンケ.jpg
その名のとおり、どら焼きとパンケーキの良いとこどり手(チョキ)とでも言いましょうか。各店舗で午前中には、売り切れてしまうようです。地方発送もしていないので、食べておく価値は十分でするんるん
フットケアサークルで準備するおやつもそうですが、参加して下さる方々もおやつを持参して下さる方もおり感謝でございます。
 皆さんと作り上げる場が成長しつづけ、自分自身も学ぶことができること嬉しく思います。今年も皆さんからのアンケート結果をもとに開催していきたいと思います。昨年は、実行できなかった「地方開催(大人の修学旅行)」なんかもできたらいいなと思います。
 ご自分の足で「立つ・歩く」こと、それをサポートできる人がますます増えますよう活動を続けていきたいと思います。

posted by ぴよNs at 02:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: