2016年09月28日

ついに海を越えて! welcome Yuko👣

 先週の土曜日、札幌フットケアサークル、2度目の地方会開催でした。
第26回 札幌フットケアサークルin旭川!
旭川駅.jpg
 今回も、自分で言うのもなんだが・・・豪華でした。
道内、遠くは函館くコ:彡、苫小牧、富良野、札幌。そして、金沢っ!!そう、海を越えた参加者がついに⤴
この度は皮膚排泄認定看護師さんの参加率高く。これまた、ありがたいことです。実は、実習真っ最中の皮膚排泄認定看護師修行中の女子2名も参加です。

 会場は『高砂酒造 酒蔵』です。
こちらは、有名な落語家さんの寄席をやったり、JAZZコンサートもやったり🎶そんな素敵な会場で「第26回 札幌フットケアサークルin旭川」を開催したわけです❤
正面玄関。
正面.jpg
鹿威し。
鹿威し.jpg
看板の準備まで。
入口はこちら.jpg
わかりやすいよう配慮していただいております。
こちらへ.jpg
そして、ずい〜っと進む道も素敵。
ずい〜っと.jpg

 売店では、日本酒の試飲もできました。テキーラのように一気に飲み干す女子もいれば、休憩時間(10分)で「酒粕ソフトクリーム🍦」を快速で食べてきたお姉さまもおり。相変わらず、ゆる〜く自由なフットケアサークルでございます(笑)

 まずは、恒例のアイスブレイキング!テーマは「最近、人さまからもらった嬉しい言葉」なかなかの盛り上がりでしたが、一部冷めたご夫婦のような風景もございました(笑)
ま、それなりの温度で盛り上がっておりました。

 今回は3施設のフットケア活動紹介と事例検討でした。
前回の地方会では大変お世話になった富良野チームからの発表👣もあり。1スライド.jpg
旭川市内の急性期病院の発表もあり
プレゼンちう.jpg
 そして、大御所でございます。
大御所なのだ.jpg
さすが、皮膚排泄認定看護師さんで特定医行為の研修を終了されておりますお姉さまでございます。概論的な部分から創管理、スキンケアに至るまで本当に勉強になりました。参加した方々は超ハッピー💕です。

 いろいろな立場や職種、旭川市内や近郊からご参加された癒し系の方々・介護職の方々も参加して下さいました。皆さん、職場では、いろんな立場をお持ちです。偉い方も著名な方もおられます。
でも、グループワークではわけ隔てなく、お互いを尊重しあっておられます。私のコーチが良く言ってます『ホンモノは威張らない』まさにその通りでした。

旭川市近郊で連携を取り合い『救肢』につながているケースもありました。すごいなぁ👣
「歳だから・・・」諦めなくちゃならないなんて考えるのは待った方がよい。そんなことを深く学べる内容でした。亡くなる直前まで、ご自分の足で立つ・歩くことを守る仲間の輪が広がり『救肢』につながる医療連携がここにはありました。

 参加して下さった皆さま、本当にありがとうございました。次回は年明けの1月です🐔
また、皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。
大切な足を守れる人がもっともっと増えますよ〜に💕

posted by ぴよNs at 00:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

足って本当に深い深い・・・

 とても、ご無沙汰な更新となりました👣
7月の足フェス終了後、怠けていたわけではありません。昼間のお仕事もありますので、あんなこともこんなこともありました・・・

 8月後半から9月にかけて、学ぶ機会を多くいただきました。
8月後半には、千歳市の「げんきっこセンター」で4か月~3歳程度までのお子さま・お母さまを対象にしました勉強会を開催致しました。申込みも多く、ありがたいことにキャンセル待ちが出るほどのお申込み数だったとか・・・
千歳子育て支援@.jpg
会場には、素敵なキッチンもあります(おままごと用)
千歳子育て支援A.jpg

お子さまが小さな頃から、足に興味を持つことは大切なことです。最近は、小学生から大人なみの「足のトラブル」を抱えた子どもさんに出会うことが多くびっくりします。小学生で「巻き爪?!」も増えてきております。お子さまの足に関して、親御さんたちが私たちでは想像できないような‘不安’を抱えていることもわかりました。
私から、日常的なケアのお話、松橋さん(シューフィッター)からは正しい靴のサイズ選びと靴のフィッティングをみてもらいました。
千歳のタウン誌さんも取材にきて下さっておりました。
千歳タウン誌.jpg
お子さまは親御さんの後ろ姿をみて育ちます。親御さんが靴紐をほどかず、踵を踏んで靴を履いていれば、お子さまは悪気なくそれを真似します。正しい靴の履き方、正しく履いた靴の感触をしっかり記憶することがすご〜く大事なことと思います。そう考えると親御さんがお子さまの足に与える影響は大きいんです。責任重大ですから。家族みんな「正しい靴の履き方」を理解し、実践していただきたいと思います。日本の教育では、「正しい靴の履き方」を教えていないのが現状です⤵ しかし、インターネットで「正しい靴の履き方」と検索すると動画も出てきますので確認してみていただければと思います。
時々、プロサッカー選手のスパイクを履く姿がTVに写ることがあります。そう、数年前、私は「中村俊輔選手」の姿をTVでみました。当然ですが完璧💕でした。惚れ惚れ・・・いつか、がぶりよってまじかで観てみたいものです。
スパイクの紐を緩めて、足をいれて、踵でトントン。そして、紐をキュッと結ぶわけです。正しい靴の履き方が多くの結果を残すことに繋がるのです。

 さてさて、お子さまの勉強会から数日後には、超熟女を対象にした勉強会です。
こちらも、松橋さんと一緒に伺いました。
手稲@.jpg
素敵なロケーション❤この日、札幌市内の中で会場付近が一番暑かった日です。確か31℃でしたかね。
手稲A.jpg

 超熟女は、リアクションも良く😃
私たちに学びを与えてくれます。流石、人生の先輩でございます。以下、学びをご紹介。
靴下の話題になり「5本指靴下をはいてますよ」という超熟女。私たちとしても「い〜ですね〜⤴」と。
では、超熟女に正しい靴の履き方をマスターしていただこうと靴を脱いでいただきました。

はっ(*_*;
5本指靴下悪い例片.jpg
想像もしない光景。5本指靴下は、間違いなく履いておられます。それは事実。でも、これぢゃぁ5本指靴下の意味がありません😞これでは、ふつうの靴下と変わらず・・・というか逆に余った部分(趾をいれていない部分)で足趾を圧迫してしまいます。
5本趾それぞれに正しく1趾ずつ通してこそ、大きな意味のある『5本指靴下』なのです。

当然ですが、正しく履くとこうなります。
正しい靴下.jpg

私たち「正しく靴を履けているか」を注意して見たり、患者さんやお客さまにお伝えしたりしていますが「5本指靴下を履いています」の言葉を聞くと確認もせず勝手に安心していたことに反省させられました。靴と同様、靴下も正しく履けているかの確認が大切なのです。このような大事なことに気づかせてくれたのは超熟女でございます。ホント感謝です❤

9月に入り、小樽で超大物女子の講演を聴いてまいりました❤
第1回 後志臨床糖尿病フォーラム 
特別講演「糖尿病フットケアにおけるセーフティマネジメント」と題しまして西田壽代先生でございます。
西田さん@.jpg

7月にお会いしたばかりですが会えると何だか元気がでます✊
がんばろう!って思います。相変わらずの大人気で、懇親会でもほとんどお話しできる状況ではなく。
ま、12月にまたお会いできますので楽しみにしておきます😃
スライドの最後には、やはり・・・

西田さんのお話しは、フットケアにとどまらず、フットケアに向かう「心」も学べるよな〜といつも思います。技術だけじゃなく、フットケアを受ける方一人ひとりを大切に思う「心」がつまったお話しです。北海道に来る機会は決して多くありませんが機会があれば是非おっかけしてみて下さいまし。

 そして、つい先日、なんと第30回目をむかえました「ウォカーズミニ勉強会」です。
ウォーカーズスライド.jpg
ウォーカーズ.jpg
リピーターのお客さまとのお付き合いも長くなってまいりました。お客さま方は真面目な方々が多く、お伝えしたフットケアの実践を継続して下さっております。足がキレイになると若々しく、元気で、笑顔も素敵になります。ありがたいことに毎度、勉強会のたびに差し入れをしてくださる殿方。本当にありがとうございます。参加されるお客さまの飲み物まで準備してくださいます。感謝です。

こちらのお店と出会い、多くのことを学ばせてもらっております。職種を超えた連携が「救肢」には不可欠なのです。あと、何年かかるかわかりませんが記念すべき第100回めのミニ勉強会を目標にがんばろうと思います。足って、本当に深い深いものです。多くの職種と共に学びながら前に進んでいこうと思います👣





posted by ぴよNs at 09:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする