2016年01月18日

平成28年度スタート!第23回札幌フットケアサークル開催です

 平成28年度も札幌フットケアサークルスタートいたしました!!
タイムスケジュール.jpg
いつもどおり、アイスブレーキングです。
今年は申年。自己紹介もしていただき自己紹介のあとに「うきっ!」とサル顔をしてくださいというお題でした。なかなか、パンチの効いたサル顔が見受けられました(笑)
アイスブレーキング.jpg
今回は各施設の「フットケア活動」についてのご紹介です。フットケア活動の発表は、私の同級生でありますNちゃんで皮膚排泄認定看護師さんです。看護学校に入学したときに隣りの席でした。当時では想像もつきませんでいしたが素晴らしい看護師長さんでございます😃
フットケア外来がなくても院内でフットケアチームとして、各科のDrやNsを含めたチームの活動のご紹介でした。フットケアチームとしての院内活動紹介は他施設にとって学びの多いものになったと思います。
スライド1.jpg
「救肢」「立つ・歩くこと」に対する熱い思いが伝わってきました。

 私自身も地域でミニ勉強会を開催させていただいておりますので「フットケア活動」としてご紹介させていただきました。一般の方への勉強会は異常の早期発見・対処、誰(どこ)にきいてよいかわからない足に関する疑問を解消することにあります。また、一般の方々が投げかけてくれる質問は医療者では発想できないような内容も多く、私自身がお客さまに磨いてもらっている場でもあります。

「フットケア外来」がなくても、フットケアはちゃんとできます。
自分の今ある立場や環境を踏まえた上で「どんなことならできるか?」考えてみることが大事と思います。
まずは、一歩をふみだすこと👣と思います。必ず共感してくれる仲間はいますっ。

 後半は、事例検討でした。
「地域で暮らす高齢者のフットケア」をテーマに話し合いました。このたびは、循環器Dr、シューフィッターさん、靴製造販売、地域の看護師さん、訪問看護師さんなどなど多くの職種で学びを深めることができました。
全くの意図しない司会進行の森山さんのむちゃぶりで寸劇をすることとなってしまい・・・
しかも、それを動画で写しちゃう方までいて・・・
なんだかんだとオプション付きで、多くの学びと多職種との交流をもつことができたと思います。
最後に徳武産業の「ありがとうを伝えたくて」のDVDを参加者みんなで視聴しました。
スライド2.jpg
何度みても、深く「立つ・歩く」を考えさせてくれるDVDです。DVDをみると感動だけでなく、あたたかく前向きな気持ちになります。魔法のDVDでしょう✌
徳武産業に感謝感謝です💕

 フットケアサークルのあとは毎年恒例の「新年会」こちらも過去最高の参加者で感謝です。
本当に楽しく、参加してくださった皆さんに元気をもらいました。ありがとうございます❤
本年度も参加してくださった皆さんの声を集めて、活動を継続していきたいと思います。そして、ここ数年実施していなかったのですが、地方開催もしていきたいと思います。
大切な足を守れる人がますます増えますよ〜に👣


posted by ぴよNs at 01:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする