2015年11月03日

シンデレラの靴は九州にありましたっ!!

 今年の2大イベントの「青森講演」、そして「日本フットケア学会久留米セミナー」お楽しみが終わっちゃいました。札幌から遠い九州ですが、熱い足仲間が多くいる素敵な土地です。九州へ行くことを目標に貯金しました数年間・・・
 やっと念願が叶い、九州へ✈
新千歳空港から福岡.jpg
なんともありがたいことに素晴らしいお役目もいただきました🎵
久留米セミナー1.jpg

久留米セミナーコメンテーター.jpg

 せっかくの九州ですから、知人に会いに行ったり
福岡中洲.JPG
ずっと行きたかった靴屋さんに行ったり・・・
あっと言う間に過ぎてしまいましたが、どれもこれも、自分にとってはかけがえのない大切な出会いと学びと経験でした。

 久留米セミナーの構成は素晴らしく、体が2~3個ほしいくらい聴きたい・観たいみどころ満載でした。
フットケアを学ぶにあたり、主役は誰なのか?歩くことの重要性や、そのためにはどのような知識を一般の方々に知っていただくか、その機会をどのように作るのか、すご〜く多くのことを学びました。
医療現場では、やはり「フットケア」に対する理解の温度差があることやあまり知られてはいませんが、セラピストさんたちの知識と技術を知る機会にもなったと思います。セラピストさんたちは、当然、医療者ではありません。だからこそ、医療に関わるような知識を一生懸命に学び、安全なケアが提供できるよう半端ない努力をしておられます。安心して委ねられるサロンがちゃんとあるんです👣

 今回のセミナーでは、多くの職種の方々と接し学ぶことが多くありました。あたたかくて、ほっこり♥するようなそんな時間を多くの方々と共にできたことは大きな財産となりました。出会った皆さま、本当にありがとうございました。

 さて、ずっと行きたかった靴屋さん。シューズクラトミさん。
シューズクラトミ4.jpg
お店の中には、ワクワクするものがたくさんありました✨
シューズクラトミ3.JPG
もっとも興味深く、そして、インソールの重要性を再確認させてくれたものがこちら!
シューズクラトミ2.jpg

シューズクラトミ1.jpg

 足の加重の割合が画面にでてきます。もちろん、足裏のアーチもわかります。体の重心もわかっちゃうの🎶
なに感激したって・・・
加重の割合が良いと褒められました♥
開帳足がすご〜く改善していてびっくり\(◎o◎)/!←これは、私のインソールを作ってくれている札幌の靴屋さん「ウォーカーズ」松橋さん(シューっフィッター)さんのおかげ!!
体の重心もブレが少ない✨って。
 札幌でインソールを作ってもらい、職場で使用しつづけ数年間・・・すごいね〜。インソールって( ;∀;)

 お店には、ドイツだけでなく海外の靴もたくさんあります。やはり、おしゃれ❤イカしてますっ( ・∀・)
私は、学会やセミナーでスーツを着用する場合と移動中の靴を履き分けて持参しています。空港の中って、けっこう歩きますし。スーツ用のヒール(5cm以下ですが)は疲れちゃいます。なので、履く時間を可能な限り短くしています・・・というおはなしを店長さんにさせていただきましたところ、何足か靴をご紹介してくれました。長く履いても疲れない、足が痛くならない靴が理想ですよね・・・なんて。
ぶっちゃけ、そんなヒールはあるわけないと思いこんでる節がありました。正直な気持ちです。
でも、超びっくりですがありました✨
見た目は先が細くみえて足趾が圧迫されそう・・・。そして、かかと周りが靴にフィットせずカポカポ脱げちゃう私の足の特徴を考慮し1足の靴が登場しました。

試足して、歩いてみて・・・
靴で(まして、ヒールで)感動するんだ💓
足先、細くみえるけど足趾を動かす余裕がありかかとがしっかりホールドされて安定しております。

そう!まさにシンデレラの靴は九州にありましたのよっっ(^▽^)
もちろん、買っちゃいました😃
荷物が多い道中の私だったので、自宅へ郵送していただきました。
シンデレラの靴.jpg

「靴って、出会いです💕」

こちら、シューズクラトミさんは当然、足フェチが多く訪れております。
このたび、久留米セミナーでのファッションショーもこちらのお店で靴を購入した方々がモデルで登場しておりました。これも、また、素敵な企画でした👠
久留米セミナーファッションショー.jpg

多くの学びと新たな出会い、そして、折れない心を持ちつづけようっ!そう決心した旅でした。
久留米ってさ、松田聖子や藤井フミヤが出身だけどさ・・・
やっぱ、1番の有名人は石橋理津子よね〜〜〜っ👣と思いました(笑)組長と言われるべきタマです。

久留米のゆるキャラ「くるっぱ」
くるっぱ.jpg
また、必ず会いにいくからね✈


posted by ぴよNs at 11:15| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青森にて。

 今年2度目の青森です。
新千歳から青森へ.jpg
前回もお声かけいただきました素敵な殿方と姫君のおかげで、大好きな青森に再上陸です。
飛行機からの雲.jpg
台風の影響で、飛行機が飛ぶだろうか・・・と心配しておりましたが、負け知らずのてるてる坊主に救われました。
てるてる2.jpg

てるてる1.jpg

 フットケアの基本となる部分と「靴」特にインソールについてお話しさせていただきました。
連休前日にも関わらず多くの方に参加していただき感謝です✨

看護師という職種でありますが(社)足と靴のフットケア協会 フットアドバイザー👣でもありますので、看護師(医療)とは少し違う角度で靴・インソールについてお伝えさせていただきました。

 フットケアに関して学ぶ場は、年々、増えてきております。私がフットケアを学びはじめた頃には地元で学ぶ場がなく、横浜や東京まで学びに行っておりました。もちろん、主に「ケア」の部分です。
ケアの部分は、より多くのことを学びやすい環境が整ってきました。しかし、良い「ケア」を提供しても良い状態を維持するためには日常的に継続可能なフットケアと毎日履く「靴」がとても重要です。
フットケア外来でも義肢装具士さんやシューフィッターさんをご紹介してくれるところも増えてきましたし、外来日に合せて義肢装具士さんが来てくれる施設もあります。
 
 フットケア外来に関わる医師や看護師が「インソール(もしくは靴)を作ったほうがいいですよ」とアドバイスをします。患者さんは、ふむふむ・・・とインソール(もしくは靴。以下、インソール)を作りにいきます。決して、お安くない金額でインソールが出来上がりました!
大きな期待と大きな経済的負担を背負い患者さんがインソールを使用します。
「おや?なんだか、痛い・足に合わない気がする・・・」こんなことが起こる可能性があります。
患者さんの中には「話しが違うっ💢」とご立腹される方もいるかもしれません。インソールをおススメした医師や看護師も患者さんに言われてしまえば立場がありません。でも義肢装具士さんやシューフィッターさんが悪いわけではないのです。
フットケアに関わる医師・看護師であれば是非ご理解していだきたいことです。『インソールをいれた瞬間、全てが改善される魔法の靴になるわけではない』ということです。患者さんは、当然、足に何らかのトラブルを抱えています。それを改善するためにインソールを作成します。「足👣」って、とても繊細ですから、用心深くインソールの感触を確認していきます。今まで10割の力で踏み込んでいたところを恐る恐る2割〜4割と力を踏み込んでいきます。その過程を考えると今まで、力を入れていなかった部分に違和感を感じたりするわけです。少しずつ、元通りの力で踏み込めるようになるまでには微調整が必要になるということです。繊細な足が少しずつ回復にむかう過程で微調整を重ねてこそ、インソールをいれた靴が『魔法の靴』になるのです。

 私自身もインソールを作成した当初の数日間は痛みで不安になるほどでした。シューフィッターさんに何度も連絡をしたくらいです。しかし、少しずつ痛みがなくなり足の疲れがとれてむくみにくくなりました。インソールのない靴を履くことが不自然に感じるようになりました。
本当に「足👣」って繊細なんです。
医療者が正しい知識を持ち、地域の義肢装具士さんやシューフィッターさんと連携を蜜にすることが大切な足を守ることにつながるのだと思います。
まだまだ、課題はありますが多くの職種が、その強みを活かして関わることが大切な足を守ることにつながるのだと思います。加えて足にあった靴を選ぶこと、正しい靴の履き方を理解し実践することが重要です。

青森講演の翌日は「プチ遠足」です⤴
ねぶたと足.jpg

ミュージアム.jpg
ねぶたのミュージアムに行きましたが・・・
目に入るのは「足👣」ばかり(笑)
ねぶた足1.jpg

ねぶた足2.jpg

ねぶた足3.jpg

大好きな青森にまた行きたいと思いま〜すっ♥
posted by ぴよNs at 10:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。