2014年06月01日

『歩く』

 昨日は、第18回の札幌フットケアサークルが開催されました(前日のブログを参照)
アンケート結果をまとめつつ思うのは、毎度、開催のたびに主催する私たちが相当の元気をもらうことです。参加者の皆さんからもプラスのメッセージをたくさんいただきます。開催までの打合せや準備は、各々が職場でそれぞれの役割をもっているので集まることも難しいのが現状です。でも、開催すると誰よりも元気をもらって「また、頑張ろうっるんるん」という気持ちになれます。本当に参加して下さる皆さんに感謝です。
 さて、今日から6月です。6月は何かとBigなイベントが目白押しです足楽しみでもあり、いつも以上にお尻に火がつく日々でございます。

 先月、ご縁があって「あゆみシューズ」を作っておられる徳武産業の社長さん・副会長さんと面談するチャンスをいただきました。
社長のお名刺

私は、この書籍で徳武産業を知りました。
「あゆみシューズ」は知っていたので、あの会社だ!と思いました。
心のこもった対応と‘歩くこと’‘靴’に対する熱意、決してブレることのない信念を強く感じました。
 札幌フットケアサークルの事例検討で、徳武産業のDVDを使用させていただく際にも、快く同意・ご協力をしていいただきました。プレゼントしていただいたDVDは、札幌フットケアサークルに参加して下さった方々だけでなくSNSを通して日本中の救肢に関わる方々に「歩く」ことの大切さをお伝えできたと思います。

和三盆

 やはり、ご自分の足で「歩く」ことって大切です。
徳武産業のDVDにもありますが、ご自分の足で「歩く」と表情まで凛々しくなります。ご自分の力で「歩く」こと、前に進むってことは自分自身の『存在価値』を確認できるものなのではないでしょうか。誰かの力を借りて、立つ・歩くのではなく、自分が行きたいときに行きたい方向・行きたい道筋を自分の意志で選択することですから。
 先日、職場でリハビリをしておられた殿方。いつもは、ほんわかした雰囲気の方です。立位〜歩く練習中でした「カッコい〜とこ見せて下さいよぉ〜」と声をかけました。理学療法士さんが「やってみますか?」と。その殿方が数歩ですが歩いて見せてくれました。その顔つきは、凛々しく、本当に素敵でしたハートたち(複数ハート)

 社長さん・副会長さんにお会いして「歩く」ことの大切さを今まで以上に強く感じました。このような熱意をもって靴を作るって素晴らしいと思いますハートたち(複数ハート)

 徳武産業では、靴を買っていただいた方にお誕生日プレゼントプレゼントをしているそうです。
こんな感じでするんるん
お誕生日プレゼント 徳武産業 
封筒の中には‘手書き’のお手紙。パソコンではなく、社員の方の手書きです。それだけで感激です。その配慮は、本当に細部にまでいきわたっております。
封筒には「お誕生日おめでとうございます」とあります。社長さんが「今、おひとり暮らしの高齢者が多いので、突然、大きな封筒が届いたら気味が悪いでしょう。だから、封筒をみただけでお誕生日プレゼントとわかるようにしています。」と。
心を配るって、こういうことなんだなぁ・・・と感動。そして、尊敬でしたぴかぴか(新しい)

 今日、ウォーキング中にハート黒ハートの葉っぱを見つけましたわーい(嬉しい顔)
ハートの葉っぱ

ちょっと嬉しくなりましたグッド(上向き矢印)
自分にできること「歩く」ことへのサポートつづけていきたいと思います足

posted by ぴよNs at 22:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。